カミソリ負け 対処法

カミソリ負けで肌荒れする!そんなツライ思いから解放された♪


 

カミソリ負けは、痒くなったり、ヒリヒリしたり、赤いボツボツができたりと酷く辛いものですよね。

実は、私も主人も2人揃ってアトピーですので敏感肌ですので、カミソリ負けは常日頃の悩みでした。
そんな私たち夫婦がカミソリ負けから解放された体験をご紹介したいと思います!

 

 

人気商品のカミソリを使ってみた

 

肌へのダメージが少ないカミソリということでいろいろ探してみたところ、AKB48の小嶋陽菜(こじはる)が宣伝しているハイドロシルクや、相武紗季ちゃんがCMでやっているジレットが良さそうだと思ったので、使ってみることにしました・・・・

 

しかし、やはり肌の弱い私にはジレットではカミソリ負けを防ぐことはできませんでしたし、ハイドロシルクではあのジェルが気持ち悪く私の肌にも合わなかったようでかえって痒みの原因になってしまいました。また、ジェルがなくなると刃を交換する必要があるので経済的にはちょっと負担だと感じました。

 

 

 

ホホバ油がカミソリ負けの対策に

 

私がとあるブログを読んでいたときに、たまたま目にとまったのが「ホホバオイル」。

 

------------

ホホバ油は、肌荒れ吹き出物、乾燥などのお肌のトラブルのケアに最適な天然のオイルです。
人の皮膚含まれている皮脂に最も近いといわれていて、アレルギー体質やアトピー体質といった敏感肌の皮膚ケアにはピッタリなのです。
また、皮膚表面の雑菌の繁殖を抑える働きがあり、成分であるビタミン群には肌の新陳代謝を促すといった働きもあるのです。

------------

 

ホホバオイル

そんなホホバオイルでカミソリ負けやヒゲそり負けが解消されたという体験談が書いてあったので、
私もホホバ油を購入してみました。

 

実際にホホバオイルを使ってみた感想は、「もっと早く知っていたかった!」です。

 

それでは、ホホバオイルをカミソリ負けの対処法としてどんな風に使っているのかをご紹介します。

 

 

 

ホホバオイルの使い方

 

《主人の場合》
あらかじめヒゲそり前に、ホホバ油を口の周りなどに薄く伸ばしておくとカミソリの滑りがとても良いです。
シェービングクリームは必要ないほど!
また、最後に洗顔した後でも肌に浸透したホホバ油の潤いがしっかり残っているので肌荒れ防止になっていると思います。
うっかりとニキビや吹き出物を傷つけてしまった場合も、ホホバオイルの殺菌作用で傷口が炎症になることもなくなりました。
ヒゲそり後に再度ホホバオイルを薄くのばしてケアしていますが、カミソリ負けをすることがほとんどなくなりました。

 

《私の場合》
お風呂に入る前やシャワーの前にあらかじめワキや脚や太もものムダ毛のある部分にホホバオイルを薄く塗っておきます。
そうすることでお肌にホホバ油が浸透しますので、シャワーのお湯などをかけてもオイル独特のヌルヌル感でカミソリの滑りがとても良くなります。
お風呂上がりにもホホバオイルでケアしていますので、今ではもうカミソリ負けで肌がボロボロになる事もなくなりました。

 

 

ホホバ油のココがお気に入り!

 

・うっかりと吹き出物を傷つけてしまった場合も、炎症(カミソリ負け)にならない。
・皮膚に浸透するため水を流しながらでもツルツルと剃刀の肌滑りが良い
・お肌のケアに最適で潤い感の持続がスゴイ。
・本当に少量でも薄く広く伸びるのでとても経済的

 

 

少ししかご紹介できませんでしたが、我が家ではカミソリ負け対策にホホバオイルが大活躍していることはお分かり頂けたと思います。

ホホバオイル

 

 

毎日痛くて痒くてツライ思いをしていらっしゃるなら、カミソリ負け対策にホホバオイルを使ってみると良いですよ!

 

 

 

 

 

 

電動シェーバーでもカミソリ負けがしてしまう方へ

 

カミソリ負けの原因の1つに、細菌による炎症というケースもあります。
電動といえども刃で直接肌を傷つける事になりますから、皮膚から細菌が入ってしまうことも多いのです。
電動カミソリといえども刃の洗浄や取り替えは頻繁におこなったほうがよいのですが、それでも完璧な対処法とは言えません。

 

そこでオススメしたいのが、電動シェーバーで剃る前と剃った後には、お肌をホホバオイルでケアする方法です。
ホホバ油には、その独自の殺菌作用と皮膚の新陳代謝を促す作用があるので、電気シェーバーによるカミソリ負け対策にもぴったりですよ。

 

我が家で使っているホホバ油はコチラ!